about

青森の伝統工芸「こぎん刺し」の技法を用いて
ものづくりをしています。
初めて「こぎん刺し」に触れたのは、中学校の家庭科の授業です。
以来、故郷の伝統を大切に思いながら
今の暮らしに自然に寄り添う「こぎん刺し」のあり方を考え
制作活動をしています。

「こぎん刺し」は、300年も昔、麻布の衣服の寒さをしのぐために
生活の知恵として生まれました。農家の女性がひと針ひと針
布目をうめて、あたたかな衣服へ仕立てました。
やがて女性達の美意識と工夫で多くの模様が生み出され
美しさを競い合うようになりました。

 

米山 知歩
1985年  青森県中津軽郡岩木町(現在の弘前市)生まれ。
千葉工業大学 工学部 建築都市環境学科 卒業後、
インテリア雑貨メーカーに勤務しながら
2010年より手仕事ユニットmtönを結成する。
2012年よりchiho yoneyama cogin worksとして活動開始。


制作イメージ映像
http://www.youtube.com/watch?v=oMCdpW6lVIk
(映像制作:ICONI Design