佐藤陽子こぎん展示館へ

2013/02/15

先日帰省していた時に、母と一緒に
佐藤陽子こぎん展示館へおじゃましました。
こぎん刺し制作をご自分でなさりながら
こぎん刺しの古作の収集もされている佐藤さん。
そんな彼女のコレクションや作品を一同に見られる
贅沢空間です。

dairy_024

dairy_025

古作展示のコーナーでは、120年~150年前の作品を着用することが
出来るとのことでさっそく試着!(特別に写真を撮らせて頂きました)
イメージでは糸の厚みでゴワゴワしてそう・・・
と思っていたのですが意外や意外
サラリとした着心地でとても軽やかでした。
麻の生地が本当に薄くて目も細かく
糸目を眺めれば眺めるほどに
気の遠くなる作業が想像出来ます。
展示館では、佐藤さんのとても丁寧な説明を聞きながら
多くのこぎん刺し作品に触れることが出来ます。
入館は予約制となっていますので
青森へお越しの際には是非訪れてみてください。